「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」 食べ合わせのXYZ理論 予防医学・代替医療振興協会理事 秋好先生



石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップ > 「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会理事 秋好先生
自分の道を信じる挑戦者達

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」
予防医学・代替医療振興協会理事 秋好先生

食べ合わせのXYZ理論という面白い理論があるという事を噂で聞いた事がありました。実際にその理論は健康に役に立つのか?その理論を提唱する秋好先生はどのような方なのか?がとても気になり取材させていただく事になりました。

秋好先生のお話をどうぞご覧下さい。

 

(写真:秋好先生)

秋好先生への取材

坂井: 癌克服に役に立つ情報をお聞きできないでしょうか?

秋好先生:私の立場というのは、予防医学・代替医療振興協会の理事という立場ですから、予防についてはお話できます。

予防医学・代替医療振興協会が運営するナチュラルクリニックのスタートが心療内科です。いわゆる心の病とかの方が多がったのですが、クリニックですから、いろんな人が段々増えてきて、その中には、癌の人も糖尿の人も、いわゆる、メタボリックシンドロームっといわれる人もね、少しずつ増えてきました。

私はお医者さんじゃありませんから、予防医学の立場から、要するに、どうしたら癌にならないか、どうしたら糖尿にならないか、という事も研究するようになりました。

私は予防医学の事をよく例えで「山のつり橋理論」って言います。

昔は、田舎に行くと山のつり橋があるんですよね。その山のつり橋はね、切れかかっています。だから、あれを上ると危ないと。

だから、もう、市役所とか、町役場で、山のつり橋を修繕してくれと、まぁ、けじめで治してくれと、修繕して、ちゃんとしたものにしてくださいよと言ってもね、やらないんですよ。

何故やらないかって言うと、今だかつて切れてないって、一回もまだ切れてないと。

傷んでるけど、まだ切れてない、ていうことは、その、山のつり橋が切れて、バーンと下に人が落っこちて、怪我したり死なない限りはやらないということでしょ。これ、日本人の山のつり橋医療。別名、役人思想、役人理論っていいます。役人ってのは前例のないことは、やらないんですよ。それ、何でやらないんですか。何でやらないの、いわゆる、前例がないってこと。

私も同窓会などの集まりに行くと、周りが 50 歳代ですから、

「秋好さん、またよろしく、今んとこ、俺、大丈夫だからさ、駄目になったら行くよ。」と言われるんです。これ、「山のつり橋医療」でしょ。

今駄目じゃないの、だから、今、なんにもしないよと、今、癌でもないし、糖尿でもないし、動脈硬化でもないし、脳梗塞も大丈夫みたいだから、今は何もしない。

「 MRI 受けて、脳梗塞が発見された時からやるよ。」って言ってるんですよ。それじゃあ遅いんですね。

何故かって言いますと、ケントギルバートと話をしたんですけども、アメリカは、保険制度がないわけですよ。いわゆる任意保険で、ひとたび病気なったら、莫大なお金がいるってね、保険に入れないんです。

日本は、皆保険制度ですべての人がいずれかの医療保険に加入することになっています。

アメリカでは保険に入れないので、向こうは予防医学が発展するんです。自分から医療保険がないってことを考えればいいんです。健康保険ないですもん、言ったら全額、自分で負担しないといけない。

病気にならないためには、どうするのかっていう社会に日本もなっていかないと、日本はもたないですよ。そこで、予防医学・代替医療振興協会の理事長が、 6 年、 7 年前に薬を使わないで、食生活を改善して、足りないものはサプリメントを勧めています。

サプリメントは、要するに補完、補助という意味で、あくまでメインはやっぱり食生活です。足りない物を補っていくで、何を補っていくか、例えば、免疫物質をサプリメントで補うとか、美容であるとか、その、例えば、脳のサプリメントであるとか、目的に

より分かれていきます。

アメリカは何故、癌が減ってきたのか、日本は何故、増えてきたのか?ご存知ですか?

世界の歴史を見たときに、食生活が、 2 、 30 年で 180 度変わった国は日本しかないんです。

戦前はですね、ほとんど癌の方はいなかったんです。

戦後はですね食生活が 180 度変わったわけですよ。要するに、お米中心の生活から、和食から洋食へ変わったんですよ。要するに漢字からカタカナの食生活に変わったんですよ。

食生活だけ変わったんならいいんですが、一緒に病気も変わったんですよ。病気も洋風化しちゃったんですよ。どういう食生活が変わったかっていうと、まず、お米食べなくなった。戦前ですね、だいたい、一年に 120kg 食べてたんですよ、で 2 、 3 年前の統計で 60kg 切りましたよね。

歌なんかにあるんですけど、お米の出来高のこと、もしくは収穫量、一石って言ったんですね。熊本五十余万石、加賀百万石、一石ってのは 150kg のことを一石っていうんですよ。ただ、加賀百万石ってことは、百万人に一年間、 150kg 食べさせるよ。能力があるってことなんですよ、お殿様が。

熊本五十余万石っていうのは、五十万人の人に一石 150 sをお米を食べさせる能力があるってことなんですよ。つまりね、一年に食べる量 150kg として食べるんですね。ところが今、 55 〜 56 sです。ご飯からパンに切り替わってきました。

穀物、お米、麦、つまり、その主食だけ変わればよかったんだけど、一緒に副食も変

わってきました。

そこで、食生活を改善しろという事でファイブアデイってのが出来たんですね。ファイブアデイっていうのは、今、ファイブアデイって言う人誰もいないでしょ。ファイブァデイですよ、ファイブァって言ったら繊維でしょ。ずーとみんな、『ファイブ ア デイ』って言ってたんですよ、一日に五回でもいいんです。

五品でも。ファイブ ア デイ、一日に五つ、例えば一日に五つ、例えば果物でも、野菜でも、それからジュースでも五杯飲めと、野菜ジュースとか、で、ファイブ ア デイなったんですよ。ところが、だんだんだんだん、ファイブ ア デイ、ファイブ ア デイって言って、いつの間にか、ファイブアデイになったんですよ。

ファイバァってのは繊維でしょ、繊維を摂りなさいと、というのは、ヨーロッパ人と日本人の一番の違いは、腸の長さなんですよ。日本人は長いんですよね。

日本人は米を食べるような体になってるわけですね、腸が長いってことは、その、弁でね、直腸から排便されるまでの距離が長いでしょ、そのためには、食べ物のカスが、外へ出て行くためには、たくさん出ないとプッシュできないんですよ、ちょこっとじゃ、長いんですから、ヨーロッパ人は腸が短いから、カスが少なくても便として出てくるんですよ。

だから、カスが少ない、肉、パンというね、要するに、うんこになる量が、ほとんど元がないんですよ、繊維が少ないから。繊維が少ないから、弁が作れないんですよ。だから、プッシュするためには、繊維、だから、ファイバァになっちゃったんですよ。

坂井:繊維が多いと、そういうカスが多くなるんですね。

秋好先生:そうです。繊維は溶けませんから。だから、穀物ですね、ご飯、大豆とか、繊維が多いもの、例えば野菜、海草であるとかね、

穀物の中には、ギャバ、アミノラク酸とか、脳を休ませるものが入っています。他にもアルギン酸、脳を活性化させる。

それで、味噌汁の中には大豆が入る。味噌汁のダシは、昆布ダシ、それから私はカツオ、九州ではイリコを使うんですね。イリコでダシを摂ると、旨みが出るんですよ。何の旨みかって言ったら、アミノ酸ですよね、例えばイリコだったらギノシン酸でしょ、それから昆布だったらグルタミン酸です。これが体にいいんですよ。それから漬け物は、最高の乳酸菌でしょ。

大豆は、例えば納豆であり、いろいろありますね、豆腐であり、何故、体にいいのか、例えば、大豆に含まれてるイソフラボン、これも高酸化物質でしょ。納豆にすれば、ナットウキナーゼ。そういう体の中の、血清を溶かそうとしてっていうのはね、それぞれ全部、根拠はあるわけですよ。

日本人はカルシウムって言ったら、すぐ牛乳っていうでしょ。牛乳のカルシウム摂取量っていったら、物凄い入ってますよ。だけど吸収できないですよ。日本人の場合、やっぱり野菜であり、穀物であり、そういうふうな中にカルシウムを摂取できる、吸収できるのが入ってますね。

病気の原因は活性酸素!3つの代替医療の1つ食事療法編

代替医療にも、三つあると思ってるんですよ。一つは、いわゆる温熱療法ですよね。例えば、今、流行の岩盤浴とか、ゲルマニウム浴、温泉とか、いわゆる温熱療法と言われるんですよね。もう一つは、食事療法ですよ。食事療法の中にサプリメントが入っているんです。食べる、食事を口の中に入れる。それから、三つ目が、いわゆる催眠療法ですよね。

例えば、ヨガだとか、太極拳とかね、これ、三つが入ってくると、私は思ってる。

そのいろんな方法が実はあってね、私たちが、中心に置いているのは食事療法です。

なんで癌になんのかと、ね、何故その病気なのか、と、大きな問題が、やっぱり一つの中で活性酸素ですよね、活性酸素が大きく人間の体を蝕み、まぁ、私は 90 %活性酸素で、病になるんだから、活性酸素をどうして取り除けばいいのかと、体の中へ活性酸素を生まないためにはどうすればいいのか? 40 歳ぐらいまで活性酸素、焼却能力がある程度、人間の体に備わってます。

詳しくは、がん克服サポート研究会の運営する、会員様専用のコミュニティサイトにて順次公開してまいります。

聞き手:がん克服サポート研究会サポート 坂井


〜がん克服サポート研究会からのお願い〜
石黒先生は、遠方より新幹線に乗ってやってきていただくのは大変だから、各都道府県に1人、協力していただける仲間を募集しておられます。興味のある方は、ぜひ、がん克服サポート研究会までご連絡下さい。(連絡先:072-737-7735)



その他の収録内容

・ 豚肉も牛肉もある意味、必要なんですよ。これ全部摂らないって事も駄目です。だから、一番よくないのは、それだけを単独で食べるからよくないんですよ。

・人間の体温が1度上がると20%から25%か30%ぐらい免疫が増えますからね。
だから体温が下がるのがよくないです。

・ 『人間っていうのは、いつでも夢があったほうがいいんじゃないかな。』


 

無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved