乳がんで、全摘出手術を断り、現在癌と相談しながら身体の バランスを取り戻しています。とお電話を頂戴した谷村さん を取材




石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップ >乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材 

「乳がんで、全摘出手術を断り、現在癌と相談しながら身体のバランスを取り戻しています!」と聞き取材してきました。

「乳がんで、全摘出手術を断り、現在癌と相談しながら身体の バランスを取り戻しています。」とお電話を頂戴した谷村さん を取材してきました。

谷村さん、ご主人の仕事がうまくいかなく、何年も毎日、毎日 お金で悩み続けて、がんを発病してしまったそうです。 がんを発病したのは2年前で、現在も腫瘍がある方です。

私は、がんを克服した方のみ取材していこうと決めていました が、がんであっても2年間、手術、抗がん剤、放射線をせず 向き合っている事を多くの方にも知ってもらい、そして「少し でも役に立ちたい」という熱い気持ちを谷村さんに伺いました ので、その思いにお応えできればと思い、今回、関東まで 取材に行ってきました。

お会いするととっても明るく元気な方という印象を受けました。
谷村さんが、発病する前は、ご主人に対して責める気持ちが膨 らみすぎ、何を言われても笑顔が出ず、食事もお金の心配から 夜の一食のみで、しかもおかゆだけという生活が続いたそうです。

そうこうするうち、胸にしこりができ、その痛みから、診察に 行くと、2〜3センチの大きさで、ステージ初期の乳がんだった そうです。 しかし、摘出するのに非常に困難な場所という理由から、お医 者さんは全摘出手術と診断されたそうです。

そこで谷村さんは、病気の原因を考えたそうです。
谷村さんは、以前から病気になるのは、必ず自分自身に問題が あるからという考え方だったそうなんです。

そして、がんと判り、まず始めに考え方を変えたのが、ご主人 への接し方でした。
今までは、悪い部分しか見えなく、お金の不安ばかりで、お金 を持って返ってこなければ、喧嘩ばかりしていたそうなんです が、ご主人の家族思いの良い部分を見るように努力されたそう です。その良い部分を見る事により、ご主人の「おはよう」の 挨拶にも応えられるようになり、次第に家族全員で話し合いも するようになったそうです。

谷村さんは、手術、抗がん剤、放射線をしない事を決めていま した。そこで手当て療法、ハーブを飲用、導引術、半身浴、 日本では手に入りにくい熟成製品、食事は肉、魚、卵の摂取量 はかなり低いですが、基本的には満遍なく食べるように心がけて いらっしゃたそうです。その方が宇宙の理にかなっているように 思えるからだそうです。

どの方法も自分の身体に聞きながら、あらゆる療法の実践を 繰り返されてこられました。

やがて、乳房の中にあったがんが、表面に出てきたのです。 表面に出てきて、出血し、今では体液が出てきて、わずかに出 血している状態だそうです。 がんも徐々に変化をしてきているのです。 最初の診断より2年が経過した現在、体調はいたって健康だそ うです。

手術をしなくても、お金がなくても、快方に向かう方法はあると 谷村さんは言います。

具体的な治療方法・取材内容ににつきましては、がん克服サポート研究会のコミュニティサイト「 取材掲載の舞台裏を含むコミュニテイー 」で紹介いたします。コミュニティサイトへ参加したい方は詳しくは「がん治療情報・癌を克服した方の日記・取材した方の情報・癌に関するアンケート結果を掲載したコミュニティサイト」をご覧下さいませ。

谷村さんには、前回取材させていただきました井伊さんに谷村 さんのような方がいらっしゃるので、どのような治療をすると さらに良いと思うかをお尋ねしました。

井伊さんは谷村さんのために、「手当ては、ビワだけでなく、 ドクダミや、今が時期の物を使うとさらに良い結果が出ますよ」
と教えて下いました。他にもたくさん情報の詰まったお話を取材してCDにしてプレゼントさせていただきました。

次の日にはとっても喜んでくださり、お礼のお電話をいただきました。私も喜んでいただけるととても満足ですし、このように知っている方からの情報を、気軽に安心して閲覧できるコミュニティサイトは必ず役に立つと思っています。

この取材を行ったのは2007年07月頃です。2008年3月にその後の状態を聞いてみました。すると、「私は体力も付き、食欲も旺盛で毎日を過ごしています。 酒風呂入浴や湯たんぽの温熱療法を始めてからは体温が高くなり、冷えから脱却しました。 肌も血色がよくなりました。治っていく過程では本当にいろんな身体の変化がある、ということも学びました。 マイナス的なことも頭をよぎりましたが、今はとてもシンプルです。 」

と教えて頂きました。電話で体温は何度か聞いてみると、もともとは冷え性だったのが、現在平均37度あるそうなんです。とても高いです。そして、マイナス的な事が頭によぎった時には、安保先生の書籍「免疫革命」の傍腫瘍症候群の部分を読まれるそうです。電話でお聞きした事も、「がん治療情報・癌を克服した方の日記・取材した方の情報・癌に関するアンケート結果を掲載したコミュニティサイト」でご紹介します。

安保先生の書籍「免疫革命」の傍腫瘍症候群の部分を抜粋しました。

治療の効果を高めるという意味でも、ガンへの恐怖‐をぜひ脱却してほしいと思っています。

恐怖心を抱くと人間の身体はどうなるのでしょうか?身体はこわばり、血行が抑えられます。つまり、恐怖を抱くということは、交感神経を緊張させることであり、それは免疫カを低めてしまうことにつながるのです。自分の恐怖心が病気をよび、病気を重くしているのです。

前にも述べましたが、ガンは自分の生き方のゆがみ、まちがいから生まれたものですから、基本的にはそれを直せば、治ります。進行ガンでも、六七割は治癒に向かうのです。

その事実をしつかりと認識してください。ガンになったらどうしよう、と不安になったり、あるいはガンが治つてからも再発を怖れてびくびくしていると、それがガンをよぶのです。 まさに発ガンをよぶ体調をつくるのが恐怖心なのです。ガンの治療の第一歩、そしてガンの予防の第1歩は、ガンへの恐怖心から脱却することなのです。

現代医療がガンの痛みをもたらしている多くの人がガンを怖い病気だと思っている理由の一つに、ガン患者の杜絶な苦しみ、痛みのイメージがあります。何時間にも及ぶ大手術を受け、疲弊し、すっかり体力を落としてしまう患者の姿。抗ガン剤治療や放射線治療の副作用でやつれ、髪が抜け落ち、ごはんも食べられない状態を見て「ああガンは恐ろしい」と大きな恐怖感を抱くのも当然です。

しかし、よく考えてみると、これらのガンの苦しみは、ガンそのものがもたらしているものではないのです。身体が病を脱却しようと起こしている治癒の反応を押さえつけるような薬物を投与したり処置をしたりしているせいなのです。薬の押さえ込みに反発し、みずからの力で病を脱却しようとする生命力が起こす、そのせめぎあいが、あのような苦しみ、痛みを生んでいるのです。というのも血流を増やす反応は、強く起こったときは痛みを伴うからです。

となれば、生体の反応、免疫システムを抑えつけるような治療をしなければ、あれほどの痛みや苦しみはそうそう起こってはきません。

もちろん、治療の過程で、発熱や痛みが短期間でることはあります。しかし、いつまでも見込みなくずるずると苦痛と消耗が続くことはありえないのです。結局、あのガンの壮絶な苦しみのほとんどは、現代医療が生みだしているものなのです。

ガンの痛みや発熱は、身体が失われた血流をとりもどそうとしている、いわば治癒反応です。だから、強い薬をつかって免疫を抑えれば抑えるほど、薬が切れたときにでる反応、リバウンドが激しくつらいものになります。さらに、いまのガン治療では、抗ガン剤治療で免疫を徹底的にたたいた後に、もうどうにも痛みが抑えられないところまでくると、今度はモルヒネなどの麻薬で痛みを緩和するというケアにはいります。

しかし、モルヒネを含めた麻薬というのは、すきまじく強く免疫抑制を行い、交感神経を緊張させるものです。すると、いかに麻薬といえども、薬は切れるときがきますから、するとこんどは抑えこまれていた痛みがものすごい勢いではねかえるようにでてきます。そして、ますます免疫力が低下していくことになります。

また、薬で交感神経を徹底的に緊張させているわけですから、体力の消耗も激しくなります。

熱や痛みのあとでガンの自然退縮か起こる四ヵ条を実践すると、ガンの増殖が止まります。そして、リンパ球がある程度増えると、ガン組織の自然退縮がはじまります。

この治癒の現象が、日常茶飯事のごとく起こるのを私たちの仲間の臨床医たちは目のあたりにしてきました。同時に、副交感神経を優位にする治療の過程で、三分の二ぐらいの患者さんが、熱がでてだるい、あるいは節々がすごく痛むというような、ちょうど自己免疫疾患と同じような症状を体験します。そうした症状を体験した、そのあとにガンの自然退縮が起こってきます。

では、こうした不快な症状は、どうして起こるのでしょうか。ガン細胞を攻撃するのは、おもにNK細胞、胸腺外分化T細胞、傷害性T細胞と自己抗体産生のB細胞の四種類です。これらの白血球の細胞がガンをたたくときには、必ず炎症反応が起こって、発熱、痛み、不快を伴います。あるいは下痢をすることもあります。肺ガンなら咳がでてきたりします。大腸ガンだと血便がでたりしますし、膀胱ガンだと血尿がでたりします。それが、治癒に向かっている反応なのです。

もう少しくわしくメカニズムを説明します。副交感神経というのはリラックスの神経ですが、急激に活性化されると、プロスタグランジン、アセチルコリン、ヒスタミン、セロトニン、ロイコトリエンなどの物質をだします。これらはどれも、発熱や痛みをだす物質なので、不快な症状が現れます。ところが、ふつうの患者さんも、免疫のことをきちんとわかっていない医師たちも、こういう症状が治癒の過程で自然に起こるということがわかっていなものですから、つい、症状を止めたくなるのです。

そのため、鎮痛剤、消炎剤、解熱剤、とくに、ステロイド剤を患者に服用させてしまいます。もちろん、痛みとか発熱が止まりますから、そのときは元気がでてきます。しかし、これは、治癒反応を止めているわけで、ガンを根本から治していくという意味では、まったく逆効果なことをやっているのです。

じっさいには、ガンの自然退縮につながる治癒反応がはじまると1週間ぐらいは寝込むようなつらい症状が続きます。その後、リンパ球が増えてがんが退縮しはじめます。だから、ガンの患者さんで、免疫活性療法で治していくというつもりの人は、この反応をぜひ覚えておいてほしいと思います。この反応がわからないと、症状の変化に不安になるし、事情を理解していない医師に相談してしまえば、薬をだされて、治癒症状を止められてしまいますから、注意が必要です。

じつは、この治癒反応は昔から、傍腫瘍症候群(パラネオプラスティック・シンドローム)という名前で、ガン患者の治癒過程で必ず起こる反応として知られていました。ところが、忘れ去られてしまったのです。戦後、抗ガン剤を使うようになって以来、この反応がでなくなってしまつたからです。免疫が活性化して攻撃する反応ですから、抗ガン剤を使って免疫を抑制する治療が行われると、当然この反応が起こらなくなります。

傍腫瘍症候群の中で、昔からいちばんよく知られているのは、黒色肉腫、メラノーマが自然退縮するときの反応です。発熱して、節々が痛くなり、その後で、アルビノ(白子)状態の斑点がでてきて、黒色肉腫が自然退縮します。これは自己応答性T細胞(胸腺外分化T細胞)や自己抗体が、ガンの黒色肉腫細胞と正常のホクロ細胞をまとめて攻撃したからなのです。

黒色肉腫は、皮膚の上、目に見えるところにあるから、この反応がいちばんわかりやすくて知られていたわけですが、もちろん、これは黒色肉腫だけではなく、ほかのガンでも起こることです。

先ほど述べた、発熱、痛みのほかに、しびれなどの神経症状もでてきます。これは、ガンが上皮で起こるものであるためです。上皮には神経が張りめぐらされています。ですから、ガンが攻撃されると、即座に神経も刺激を受けます。すると末梢神経刺激が興奮してきて、しびれや痛みがでるのです。

傍腫瘍神経症候群(パラネオプラスティック・ニューロロジカル・シンドローム)とよばれます。この反応も、覚えておくとよいでしょう。 だから、もし免疫活性の治療にとりくんでいる過程で、こうした不快な症状が現れたら、すぐにそれを止めようとしないで、治癒反応である可能性を考えてください。もし治癒反応だと判断できたら、その症状を少し耐えて乗り越えましょう。すると、その先には、ガンの自然退縮が待つています。

安保先生の書籍「免疫革命」より抜粋、安保先生について詳しくはこちら

無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved