がんの克服に向けて私たちに今何ができるか NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパンに聞く!




石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

トップ > がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン                 

がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?
           

NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 常任理事 野本 篤志さんに取材に行きました。今回は、野本さんの行っている活動の記事がありましたので紹介させていただきます。取材内容につきましてはでき次第、紹介させていただきます。なお、野本さんの了解にもとづき内容の一部を変更しております。

はじめに

 現代社会で私たちをもっとも苦しめ、悩ませている病気 は「がん」です。日本では毎年33万人の人ががんで命を落とし、その数は年々増加の一途を辿っています。私は大手製薬会社で22年間にわたり新薬の研究開発の仕事に携わってきましたが、現代人を悩ませ続けている慢性疾患に 対して、対処療法的な薬物療法では根本的な解決にならないと考えるようになり、1年半前に会社を辞めてNPO法人を立ち上げました。

  西洋医学の父と呼ばれているヒポクラテスは、はるか2500年前に「人間は自らの中に100人の名医を持っている」と言いました。100人の名医とは健康の源、すなわち私たちが生まれながらに持っている自然治癒力(自己治癒力)のことです。現代の乱れた生活習慣と生活環境がこの自己治癒力を低下させ、その結果がんをはじめとする多くの慢性疾患が増加していることは明らかです。

  これからのがん対策でもっとも大切なことは、「自分自身ががんを予防し、がんを治療する主人公である」という強い意志を持つことです。すなわち一人ひとりが自己治癒力を最大限発揮できる生活習慣を身につけてがんの発症を予防すること、また不幸にしてがんに罷った場合にも現行の3大療法(手術・放射線療法・抗がん剤)のみにこだわらず、もっと視野を広げて自己治癒力の向上に重点を置いた治療法を新たな選択肢として積極的に取り入れるとともに自分自身で取り組める健康法を見つけてそれを実践していくことだと考えます。

今日本で起きていること
 現在の日本は2人に1人ががんにかかり、3人に1人ががんで死ぬと言われています(下の表)。残念なことにがんの羅患率、死亡率ともに年々増加の一途を辿っており、7年後の2015年の推定では、なんと3人に2人ががんにかかり、2人に1人ががんで死ぬと予想されています。このまま手をこまねいていれば今の子どもたちが成人して働き盛りになる頃にはがんに罷らない人を探すのが困難になるでしょう。日本はそれほどの「がん大国」なのです。
  2006年(2年前) 2015年(7年後)
今がんに罹っている 25人に1人 20人に1人
生蓋のうちがんに罹る割合

2人に1人

2人に2人
生涯のうちがんで死亡する割合 3人に1人 2人に1人

政府は一昨年「がん対策基本法」を制定しました。ただ、その内容は、@がん検診を普及させ、早期発見・早期治療(2次予防)に努めたり、A日本で未承認の抗がん剤を早期に承認し臨床で使えるようにすること(治療)に主眼がおかれています。すなわち、「なぜがんができるのか?」という根本的な課題の解決(発症の予防すなわち1次予防)には目を向けず、「できてしまったがんをどのようにたたくか?」という対処療法のみに意識がいっています。

  我々の意識も同じです。「健康な食生活」に注意を向けず、便利で手間や時間のかからない栄養価の乏しい食品に頼り、その結果としてがんに罹ってからあわてて病院に行きお医者さんになんとか「治してもらおう」とします。

例えて言えば、わが家が火事になってから慌てて消防車を呼んで消火してもらうようなものです。もし、町内の2軒に1軒が火事に遭うことが事前にわかっていたらどうでしょう?行政は消防車の増設や性能の向上ではなく火事にならないような街づくりを考え、個人ももっと耐火性の優れた家に造・改築することを考えるのではないでしょうか?

ヒントはアメリカにあった!

一般にはあまり知られていない話ですが、アメリカでは1990年を境にしてがんの発症率も死亡率も低下してきています。これは決して偶然ではなく、今から30年前にがん対策の方向性を大きく転換した結果なのです。

1971年、時のニクソン大統領(共和党)は「人間を月に送り込んだ科学技術を結集すればがんも征服できる」と考え、「がん関連法案」を制定してそれまで宇宙開発に向けていた国力をがん克服に集中しました。しかし、結果は失敗に終わりました。そこで次代フォード大統領(共和党)は、上院に栄養問題特別委員会を設け、ニクソンと大統領選を争ったマクガバン氏(民主党)を委員長にして、大々的な調査(2年の歳月、数千万ドルの予算、3,000人の医学・科学者の協力)を行い、5,000頁という膨大な報告書(マクガバンレポート)に纏め上げたのです。アメリカはこの報告書に基づき大きく舵を切りました。

主な調査結果は以下のとおりです
・我々の食事は不自然でまったくひどい。ガン、心臓病、
   脳卒中などの病気は、食原病であり、この間違った食
   生活を改めなければいくら病院が増えても問題を根本
   的に解決することはできない。
・現代の医学は薬に偏った、栄養軽視の医学である。
   病気を治す根本は薬ではなく、体の持っている本来の
   修復能力である。
・本来の修復能力を高めるのに最も大切なのは食べ
   物に含まれている栄養素であり、栄養の知識を持っ
   た医学に急いで変える必要がある。

マクガバンレポート(1977年) 栄養の目標

@炭水化物の摂取を現在のカロリーの46%から55%〜60%に引き上げなさい。

A脂肪分は現在のカロリーの約40%から30%までに減らしなさい。

B動物性脂肪は10%、植物性脂肪は20%を現在のカロリーから減らしなさい。

Cコレステロールを183のmgに減らしなさい。
D砂糖の消費は40%減らしなさい。
E塩は1日当たり3gにまで減らしなさい。

この結果に基づき、増やすべき栄養素と減らすべき栄養素を明示し、がん予防に有効な食材を明示する(デザイナーズフードという)とともに、NCI(国立ガン研究所)でがんと栄養に関する多くの研究を開始したり、NIH(厚生労働省にあたる部署)に「代替医療部」を設置して国の予算で代替医療(*)の研究と普及に取組み始めました。

  *代替医療とは、漢方などの伝統医療や民間医療のように自己治癒力の向上を目的とした通常療法(西洋医学)以外の医療の総称。

なぜがんになるのか?

そもそも私たちはなぜがんになるのでしょうか?私たち人間は受精卵(1個の細胞)が細胞分裂を繰り返してできた60兆の細胞の集まりです。正常な細胞は臓器・組織ごとにその形や働きが決まっており(分化細胞)、決まった数の分裂が終わると自殺(アポトーシス)して役割を終えることで全体の秩序を保っています。

  ところが、活性酸素で遺伝子が傷つけられると、自らの働きを忘れ(未分化細胞)、自殺することも忘れ無秩序かつ無限に増殖を繰り返す細胞(がんの芽)に変わってしまします。このようながんの芽は毎日数千個も生まれると言われます。そのまま放置しておくと、増殖を繰り返しやがてがんの塊に成長して私たちの生命を脅かす存在になるのですが、私たちの身体には自己治癒力があり、体内で作られる酵素で活性酸素を消去することができますし、免疫細胞が四六時中パトロールして、「がんの芽」を見つけてはすべて消してくれるのです。

  ところが、老化や栄養の偏り(食品漬加物・砂糖・塩・脂肪などの取りすぎ、ビタミン・ミネラル不足)、ストレスなどにより、活性酸素が大量に発生する反面、活性酸素を消してくれる酵素活性や「がんの芽」を取り除く免疫機能が低下してしまい、その結果がんが発症するのです。したがって、がんに罹る前に普段から、「がんを促進するもの」をできるだけ避けながら、「がんを抑制するもの」を積極的に取り入れて、私たちの身体に生まれながらに備わっている自己治癒力を最大限発揮できる状態を保つことが何よりも大切なのです。

日本の医学に足りないもの
 西洋医学の父であるヒポクラテスは医学の信条として「医療とはまず害を及ぼさないこと」「自然の治癒力を尊重すること」を掲げています。残念ながら3大療法(手術・抗がん剤・放射線療法)を中心とした日本の現行のがん治療には、どちらの視点もまったく欠如しています。これらの療法はその副作用により患者に多大な苦痛を与える一方がんと闘うために生来備わっている自己治癒力(免疫機能)を大きく低下させてしまいます。

また患者自身もすべてを医者任せにしているため、3大療法に欠点や限界があることに気づいていません。たとえば抗がん剤について「患者の知らない医者の常識」を列挙してみると

・抗がん剤が有効ながんの種類は少ない(推薦図書Bを参照)

・多くの抗がん剤は発がん作用を有している(推薦図書@を参照)

・抗がん剤には初めはよく効きがんが退縮するが、やがて効かなくなり増悪・再発しまうことが多い(推薦図書@、Bを参照)

・自分ががんになっても抗がん剤だけは使いたくないと考えている医師がたくさんいる(推薦図書@、A、Dを参照)

新しい希望の道

・最新の3大療法
まだ適応されるがんの種類は限られていますが、がん細胞により選択的に作用する抗がん剤のミサイル療法(分子標的治療薬)、ピンポイントの放射線療法(サイバーナイフ、ガンマーナイフ、陽子線治療)、開腹しない手術(腹腔鏡術、内視鏡術)など従来の治療に比べて副作用や身体に対するダメージが少ない治療法が開発され、臨床で利用され始めています。

・統合医療
現行の通常療法(外からがんを直接たたく)と代替療法(内在する自己治癒力を高めて免疫力でがんをたたく)のよいところを組み合わせ患者さん一人ひとりにとって最適な治療を行うことを統合医療と言います。首都圏を中心として統合医療でがんを治療する医療機関が少しずつ増えてきています(巻末の統合医療施設リスト参照)。

ただし、健康保険対象外の自由診療ですので自己負担は割高になります。

・ゲルソン療法 
ドイツ人のマックスゲルソン医師が開発した厳格な食事療法で、@大量の野菜ジュースの摂取 A無塩食B脂肪・動物性蛋白抜きの食事 Cアルコール、カフェイン、 食品添加物、加工食品や精製食品の禁止(野菜、果物、未精白穀物、豆類、芋類、ナッツ類、海草を中心とした食事が基本です。この療法で末期がんを含め国内外で数多くの患者さんががんを克服しています(詳しくは推薦図書@とAをご覧ください)。

・最新のサプリメント療法 
厚労省の調査によると、がん患者の40%以上が何らかのサプリメントを服用しているそうです。その中で現在、植物に含まれる次の3つの低分子成分が最も注目されており、 統合医療の医療機関でも臨床応用されています。

@、もずくに含まれる成分を低分子化したもの 
A、南米に生育する樹木
B、アガリスクに含まれる低分子成分

NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパンで今行っていること
・普段の生活習慣を見直し「がんになりやすい体内環境」を「がんになりにくい体内環境」を変える努力をしましょう!⇒当NPOではつくば・土浦地区の公民館において定期的に「健康生活習慣セミナー」を開催し、皆さんに具体的な構報提供を行なっています。

・もし、がんに罹ってしまった場合は、けっして医者任せの他力本願にならず、「自分が自分自身の主治医になって病気を治すんだりという強い意志をもつことが治療に先立って何よりも大切なことです。

・推薦国書@Aを読んでがんを克服した人が大勢いることに勇気と希望を持ちましょう!

・ゲルソン療法を実践している統合医療施設をご紹介いたします。

・医者から治療法(3大療法)が提示された場合、家族の協力を得て勉強し、その治療法があなたにとって本当に最適な治療法か?それ以外にもっと副作用が少なく、有効性が高い治療法がないか?を十分検討しましょう。  ⇒必要な方に対して当NPOで情報提供をいたします。

・同時に3大医療以外の治療についても検討しましょう。統合医療の医師(統合医療施設リスト参照)に検査結果や現在の治療方針を見せて意見を聞く(セカンドオピニオン)こともとても有効です。⇒当NPOで統合医療の医師を紹介しています。

・がんと闘って克服していく過程で、それまでの生き方やものの考え方を見直し、より豊かな人生を手に入れた人が大勢います。推薦図書Eを読んで、是非一度「がんがあなたに伝えようとしているメッセージ」に耳を傾けてみてください。  ⇒当NPOで関連情報を提供いたします。

最後に

・「がんは死」であり、「私たちは決してがんに打ち勝つ
  ことなどできない」という呪縛から抜け出しましょう!
・「がんは私たちの生き方を見直すために遣わされたメ
ッセンジャー」であり、「私たちはがんを克服することで真
の健康と幸福を取り戻すことができる」のです!

<推薦図書>
  @「自然・栄養療法でガンを治したガン勝利者25人の証言
      (今村光一著、中央アート出版)
  A「ガンと闘う医師のゲルソン療法
   自らのガンを克服した精神科医が選んだ究極の栄養療法

      (星野仁彦著、マキノ出版)
  B「新・抗がん剤の副作用がわかる本
      (近藤誠著、三省堂)
  C知ってはいけない!?―消費者に隠された100の真実
      (船瀬俊介著、徳間書店)
  Dアメリカはなぜ「ガン」が減少したか
   「植物ミネラル栄養素療法」が奇跡を起こす
(森本晃嗣著、現代書林)
  E「がんのイメージコントロール」 (川畑伸子著、同文館出版)

<連絡先>
  NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン
  土浦事務所 http://npo-midorinokaze.com 
住所:茨城県土浦市中荒川沖町2-6ツインビル403号
  電話:050−1417−5964 FAX:029−843−3061

<プロフィール>
野本篤志(のもとあっし)
1958年茨城県水戸市生まれ。東京薬科大卒。筑波大学大学院修士課程医科学研究科を修了後、藤沢薬品工業(株)筑波探索研究所に勤務。動脈硬化の研究で薬学博士号を取得。アステラス製薬(株)開発本部次長(経口糖尿病薬の臨床開発プロジェクトリーダー)を経て、現在NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパンの常務理事。薬学博士、薬剤師、日本メディカルハープ協会認定バーバルセラピスト、デトキシコロジー研究会会員、日本末病システム学会会員。現在心理カウンセラーとサイモントン療法カウンセラーを目指し、認定講座を受講中。

 

無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved