ガンを克服してきた人達の物語-がんを克服した人達の取材CDを作るきっかけとなった出来事




石黒式温熱法

コミュニティサイト


 
『ガン完全治癒の3つのポイント』
「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
「ガンは自分でしか治せない!」箕輪 聡司 氏
箕輪さんの会社のスタッフ渡辺さんを取材
「不安を乗り越えた生きる力」井伊 幸子 氏
「私が信じた代替療法」黒田 孟 氏
「出会い・歌によって!がんに負けない生きてきた証!」甲斐 完治氏
「魂の叫び - 今日を生きる」 小玉 元子氏
第11弾!「ガンはあなたの心が治す」 齊藤 洋子 氏
取材掲載編(取材順に掲載)
ファストザイム(酵素飲料)勉強会より
すい臓がんで余命3ヶ月と宣告されて25年、結婚、出産も果たし、今なお前向きに生きる方を取材
ステージ4の肺がん!医者から1年と言われるが家族で克服!
乳がん全摘出手術を断り独自で治療されている方を取材
がんを克服した人達から聞いた心に響くメッセージ
ガン克服取材CDにご協力してくださった方の出版物・教材・お勧めのアイテム一覧
ガン克服に役に経つ教材
お勧め第1位 
「薬や医療に頼らず、生命を躍動させる方法」
お勧め第2位
がんのセルフコントロール・イメージ療法にサイモントン療法
お勧め第3位
痛みを軽減できる手当て療法「市川式手当て法」
お勧め第4位
「あなたにもできるガンマッサージ療法」

ガン克服に役に経つ書籍

月刊誌
治療ガイド
サイモントン療法
デットクス関連

教材

ガン克服に役に立つ食事療法
食べ合わせの薬効レシピ
ガン治療に良いとされる温泉
健康を勝ち取るサポートシート
「CAN できるよね」

がん治療-予備知識
がんの種類・症状・治療法
用語集

腸がキレイになると免疫が活性化され更に酵素が作られる-新谷弘実先生の腸内環境理論
便秘と宿便の改善法(コーヒーエネマの働きについて)
がん治療についてのQ&A

がん克服をサポートする
医師達
(取材順に掲載)

がんのような人間まるごとの病気に対するには、体だけの医学では不十分- 帯津三敬病院 名誉院長 帯津良一 先生
これまでに1000人以上のがん患者さんたちの様子を見て- 佐野クリニック 院長 佐野嘉郎 先生
癌の病理組織標本で共鳴反応診断、温熱療法など副作用のない療法を目指す- アドバンスクリニック院長 前田先生
「浄血」こそ万病の根本的な療法。体質にあった玄米・菜食による食事療法を実践−お茶の水クリニック院長 森下先生
腸内環境を整えることこそ、治癒の近道である - ナチュラルメディスン たなべクリニック院長 田辺裕貴先生
西洋医学の標準治療以外にも方法はあり−健康増進クリニック院長 水上治先生
健康な精神・肉体を創るために必要な生物学的療法とは?−キャンサーケアクリニック神田院長 菅野光男先生
多くの人々が健康で幸福に暮らせる活力ある社会作りをめざす−NPO法人 がんコントロール協会 森山晃嗣理事長
「科学的根拠」と「費用対効果」を重視した治療−銀座東京クリニック院長福田一典先生
抗ガン剤も使わず、自分で治せる自律神経免疫療法
湯島清水坂クリニック 院長 宮島賢也先生
酵素に着目した医療で、がんを消す免役強化療法〜鶴見クリニック 鶴見隆史院長
気、血の流れの滞りを取り、がんも治る-自律神経免疫療法 【つむじ押し療法】【爪もみ療法】 日本自律神経免疫療法研究会 理事長 福田稔先生
難病も早期に治る 〜ミトコンドリアを活性化させる免疫病治療法〜 西原研究所所長・日本免疫病治療研究会会長・ミトコンドリア博士(R)西原克成氏
ひとり一人に合わせて処方した漢方で健康に〜
漢方専門医院 松本有記クリニック院長 松本有記氏
ナチュラル・ハイジーンでいつまでも若く美しく健康に!〜
日本ナチュラル・ハイジーン普及協会会長 松田麻美子氏
 
自分の道を信じる挑戦者達
(取材順に掲載)
 
人間も畑と同じ。体内の微生物が元気になれば、健康になる。〜松宮隆氏
5本指ソックス(コンフォートサポートソックス)で、本来の健康な体へ戻す

西式健康法の西万二郎先生

がん患者さんの口コミで温熱療法を休む日もなくボランティアで行っている石黒先生part1

温熱法で食道ガンが消えた!石黒先生の奥様のがん体験記石黒先生 part2

「予防医学の立場から、どうしたら癌にならないか」予防医学・代替医療振興協会秋好先生
がんの克服に向けて私たちに今何ができるか?-NPO法人緑の風ヘルスサポートジャパン 野本代表
「自然治癒力(免疫力)」を高めることにより自分の力で治すことを目指す- 薬方堂 佐藤先生編
「自然治癒力を発動させる3つの条件」の著者に取材!- 総合整体学院 井草 学院長編
紳士・婦人服店10店舗は『道は近きにある』の積み重ね- 株式会社あさひや 小椋会長 編
「真の意味で心身共に元気になっていただくこと」- 薬剤師 松井先生編
患者さんが元気になるために全力を尽くす - 歯科医の宮本先生編
「愛、勇気、和らぎ、感謝の心をいつも胸に」 鍼灸接骨院の筒井院長
がんと闘う人たちの声
 
 
 
がん克服情報を共有するための試み

当社の蔵書一覧。閲覧いただくことも可能です!

 
 

海外発送サービス

 





がん克服サポート研究会をサポートしてくださる企業様を募集中>詳しくはこちら

 

                   
がんを克服した人達の取材CDを作るきっかけとなった出来事と
無料プレゼントする理由!
                            

 私が健康に携わるきっかけがあったのは1998年頃からです。

初めは、父が、「樹木茶」の普及活動をしているのは全く知らず、東京にプロ野球テストを挑戦に行ったときに「樹木茶」の話を聞きました。
そこで祖母の事も「樹木茶」のおかげで、それがきっかけで父が「樹木茶」の普及活動を始めたことを知りました。私はとにかく野球以外の仕事をするのであれば,、じっくりと聞きたいと思ったので、当時メーカーのお客様カウンセラーの方が行っていた「樹木茶」説明会に行きました。

 説明会には10名ほどの方が参加されていました。「樹木茶」の事を一生懸命説明を受けたのですが『ほんまに役に立つのかな』という疑問もありましたし、いくら祖母が「樹木茶」のおかげと言っても当時疑い深かった私は、『なんでそしたら広まってないん?』 と言う疑問も持ちました。

 私は、このような疑問を持ちながら説明会終了後、東京から来ていた父と、私の友達と4人で説明会を行ったビルの喫茶店で話をしていると、父のもとに当時50歳ぐらいの男性が泣きながらやってきたのです。奥様も一緒でした。私は、『どないしたんやろ』と思いよくよく話を聞いてみると、石川県からこられており、『今の健康は父のおかげだ、恩人だ』と泣いているのです。久しぶりの再会らしく、父と会ったら感謝の気持ちを伝えようと思っていたらしいです。

私は、父がこんなにも感謝されている姿を初めてみました。正直驚きました。
私は、ここまで人に感謝される事をしてきたのだろうかと思いましたし、この出来事が人の健康に携わるきっかけになりました。

私は、それから癌を克服した方、糖尿病を克服した方、C型肝炎を克服した方など様々な病状を克服した方に会うようになりました。そして、その方達の病気を克服した喜びを聞くと、私自身もとても心から嬉しくなりました。お会いした方々の顔を見ていると、私も病気を克服するためのお手伝いをしてみたいと思い始めました。そして、手探りの中まずは健康食品の勉強をしました。

勉強などしている事をまずは友人・知人に話していくと、友達の祖母が病気だという事でかけつけました。すると、術後半年後に進行性の癌が見つかって、このままの進行だと3ヶ月ぐらいと医者に言われたとの事でした。ご家族と会い、私が勉強した事などの話をすると、私の提案どおりにして頂けたのです。私は、初めて理解していただいた事により満足感が大きかったのですが、正直、大丈夫なのかという不安もありました。

不安と期待を持ちながら接していると、数ヵ月後に亡くなられたのです。友達、そのご両親にお通夜の時、本当に力になれなくて申し訳ないという気持ちがずっとこみ上げてきて、涙が止まりませんでした。私のせいではないのかもしれませんが、友達、そのご両親からは、「今までありがとう」と言って下さったのです。聞いたときには、何にも役に立てなかったのに、感謝の言葉を頂けた事に、少しは心の救いになりましたが、自分自身満足いく結果でなかったので、本当に申し訳ないという悔しい気持ちがさらに湧き上がってきました。

この悔しい気持ちを味わいたくない、出会った方には癌を克服するサポートが出来ればと思い、癌を克服する為にはもっと勉強しないといけないと思うようになりました。



私の常識で考えれない方との出会い!

  2004年7月、私が参加していた経営塾で、宮脇鋼管株式会社社長宮脇さんがゲストスピーカーとしていらっしゃ っていました。 宮脇鋼管株式会社は、鋼管の卸販売、切断、加工業および鋼管リサイクル業を営む、日本NO,1のシェアーを誇る年商43億円、従業員80人、敷地面積6716坪と非常に大きな会社です。


そして宮脇社長は、事業以外にも全日本選手権8連覇を含む12回優勝という実績をもたれる水上スキーの全日本チャンピオンでもあり、今までとても誰にも真似が出来ない成績を残されている方です。


宮脇社長はお話をしている間、絶えず笑顔で聞いている私たちまでもがなんだか理由もなく楽しくなってきました。「もし気分が落ち込んで笑えない時は、作り笑いをする事から始めたらいい!」とおっしゃるのです。なぜなら「気分も変わってくる」からとおっしゃるのです。確かに宮脇社長が笑顔でお話をされているのを聞いているだけで気分が変わってくるのですからそうかもしれません。


また、講演中に『言葉』と『思い』どちらが大事かという問いがありました。私は心の中で思ってから言葉を発するので思いが大事だと思いましたが、宮脇社長は心で思うよりまずは言葉を発する事がとても大事だとおっしゃっていました。例えば『ツイテル』、『ありがとう』とたくさんいえば自然とつきが向いてくるのです。確かに『ツイテル』、『ありがとう』と言う人、言わない人では私は言う人の方を選ぶと思いました。そんな宮脇社長は、今まで「達成したい!」と思った事は何でも実現してきたとおっしゃっていましたので、言葉を発することは必要なことだと思いました。


私は、言葉だけでなく誰もが驚く結果を見出すパワフルな宮脇社長は、従業員に対してすごく厳しく言われているのではないかと思ったのですが、社長は今までのノルマなどは一切なく、楽しいと思う事をやり、失敗したらすぐに報告してほしいという方針だそうで私の想像とは全く違っていました。 お話を聞くたびに、何もかもが以外なことでした。



そして、一番驚いた事は、末期がん手前の舌癌と宣告をされ、西洋医学以外の治療方法で完治されたのです。私は取材したいと思い、宮脇社長に連絡をしました。すると、宮脇社長は『私の体験がお役に立てるのなら』と快くご了承して下さいました。

このような経緯から、がんを克服した方の治癒までのいきさつ・考え方・思考癖・生き方を取材していく事になったのです。

取材にご協力してくださった方たちは、「私の体験が癌の治癒に役に立つのであれば、協力したい」という本当に尊敬できる方達です。私は、その思いのつまったCDを最初は希望者の方全員におくばりしていました。無料のためか取材CDを聞いた感想などもなかなかご協力していただけなかったのですが、癌の治療にお役に立てればと思い、無料で送り続けていました。

中には癌を克服され、私達は嬉しい気持ちになったのですが、その方の克服法・考え方などをニュースレターにして情報を皆様にお伝えしたいとなった時、残念ながらご協力して頂けない事がありました。

私達は純粋に、他の方の励みにもなるように、がんを克服した方の体験は匿名であれば伝えても良いと思っていたのですが、違っていたのです。

私は困った時こそ助け合いたいという気持ちと 取材に協力していただいた方の想いの詰まったCDですので、取材CDをおくばりできた方にもガン克服のヒントになれば良いと思っています。 そして、克服方法の数、協力者などが増えれば、勇気、元気のきっかけにもなると思っています。

私達の目的は、癌克服者の輪を広げ、一人一人が勇気・希望の光となり、癌というくらいイメージに対して立ち向かう為のきっかけをサポートする事です。

その輪を広げる為にも、私達の願いに賛同していただける方だけに無料プレゼントを行う基準を作ったのです。

ルールは7つ

下記アンケートに具体的にご回答くださった方
電話で確認が出き、応募者本人である場合
応募は1世帯につき1回限りです。何度もお申し込みをされる方も対象外となります。
アンケート・取材CDの感想の掲載を許可してくださった方
プレゼントさせていただいた方は、モニターとして取材CDの感想にご協力していただける事を約束してくださる方
がんを克服した時に、無料で取材にご協力してくださり、ニュースレター、ホームページ、取材CDなどにご協力していただける方。
アンケートを見て、当社で取材CDが必要だと判断した方。

趣旨を理解して頂き、7つの約束を守っていただける方は、すぐにでもお申し込み下さいませ。


坂井 正典が考えている癌克服プロジェクト !
非営利団体「がん克服サポート研究会」として申請いたしました!

  2007年6月29日にNPO法人の申請に行きました。順調にいくと、11月には認可がおりる予定です。「がん体験記」、「がん克服法」についての情報などを広める為の準備ができ、取材にご協力してくださいました方々とお約束したとおりに、実現する事が出来たと思っています。

非営利団体の目的は、現在がんでお困りの方、病気と闘っている方で治る希望を得たいと思われる方に対して、取材に応じて頂いたがんを克服された方・病気を克服された方・がん及び病気に対しての心のサポートを行っている従事者から見た病気との向き合い方などの情報発信に関する事業を行い、がん撲滅・健康を勝ち取る事の推進に寄与することを目的としています。

そして、目的を達成するため、特定非営利活動に係る事業として、次の事業を行うことにしました。

1、がんを克服された方・病気を克服された方・がん及び病気に対しての心のサポートを行っている従事者から見た病気との向き合い方に関することを取材した内容の CD・ DVD を作成し、販売及び配布。

2、がん・病気の方、家族の方、サポーターに役に立つ書籍・雑誌の作成及び販売。

3、がん克服者・健康を勝ち取ったの方から学んだ代替療法(食事療法・気功・手当て療法など)及びがんの治療に役に立つ最先端の治療などに関する講演活動及び情報提供。

4、がん・病気の方と関わる従事者・家族・カウンセラーなどへの向き合い方、心構え、前向きになる心のサポートなど心のケアーとなる講演活動及び情報提供。

5、NLP心理学、交流分析、認知行動療法などの心理学を用いて、健康を勝ち取る為のサポートができるカウンセラーの養成。


私は、現在がんの方と触れ合ってきて、認知行動療法、NLP心理学、交流分析を勉強するようになりました。その勉強した事も電話相談などで役に立てたいと思っていますし、「どんな事でも実践する事により、誰にでも道は開ける!一生挑戦!」精神で行動にも示していきたいと思っています。

今までこのように実現できた事も、取材を協力してくださった方、今まで関わってくださった方のおかげだと思っています。本当に感謝でいっぱいです。今後も取材を重ね、取材CDを書籍化し、シリーズ化して「個性は色々だから、治し方、治す過程、生き様は人によって違う」と言う事を伝えながら、癌治癒・がん完治の希望のお役に立てれたらと思います。


-----------------------------------------------------------------------

がんを克服して、健康を勝ち取った方を大募集!!!

がんを克服してきた人達は、抗がん剤・放射線・手術・手当て療法・健康食品・運動・気功など治し方が様々でした。
それは、その時の周りのご家族・ご友人・先生などによって、少なくとも影響を受けたのではないかと思います。

「がんが治った!治してきた!」という情報を手掛かりに、希望が見え、色々な治療に踏みきれたと思います。

希望が見えるまでは、人によって情報量、信頼関係、直感などが大きく変わってくると思います。
私は、がんを治した方の生の声を一人でも多く集め、希望のお手伝いが出来ればと思っています。

あなたのメッセージはどれだけの励み・希望になるか、計り知れません。
是非とも、がんを治した体験にご協力していただけたらと思っています。

私達の行っている活動にご賛同いただけましたら、どうぞご連絡下さいませ。
坂井正典が取材に伺い、出来るだけ詳しくお伝えできるように努力いたします。

取材についての詳しいことにつきましては、どうぞお気軽にお問い合わせ下さいませ。

-----------------------------------------------------------------------

無料プレゼント!

癌(がん)を克服してきた人達の物語シリーズは、出来る限り長く無料でモニター特典としてプレゼントを行いたいのですが、予告なく終了するかも知れませんので、その際にはご了承下さいませ。
私達もなるべく本当に必要だと感じる方に出来れば長く無料でおくばりしたいという思いがありますので、アンケートなどにご協力してくだった方に無料プレゼントさせていただきます。

取材CD

癌を克服してきた人達の物語CD(音声のみ)
第1〜5弾のいずれか1本無料プレゼント中!

第1弾 「治った!ありがとう」ステージ4の舌癌克服
第2弾 「5年生存率が低いとわかっても、乗り越えられた言葉」
第3弾 「もう一度白衣を着たい」5度の癌克服 
第4弾 「ガン完全治癒の3つのポイント」
第5弾 「絶対、生きてやる」ステージ4悪性リンパ腫
取材CD

 

ニュースレター
ニュースレター「希輝(きらら)通信」
いずれか1冊無料プレゼント中!
きらら通信

お申込はこちらのフォームから

今なら無料で実際にがんを克服した方、がん克服のお手伝いをしている方、書籍をご購入した方、取材にご協力してくださった方が自由に情報の閲覧が出来るコミュニティサイトにご招待します。→詳しくはこちら

※インターネットでのお申込みについてのご質問等は、
072−737−7735までご連絡下さいませ。
営業時間:月〜金 9:30〜18:00まで 定休日《土曜・日曜・祝祭日》

 

 

トップページ 取材CD・きらら通信をプレゼントする理由 会社概要 ご利用案内 お問い合わせ 最新情報  プライバシーポリシー 
Copyrights(c) 2010  特定非営利活動法人 がん克服サポート研究会 All Rights Reserved